HOME | サイトマップ | 資料請求 | お問合せ 
メインメニュー
設立目的 学会概要 学会事業 学会認定資格 研修・各種講座 学会大会 学会誌案内 学会会報誌 メンタルケア心理士・メンタルケア心理専門士を探す 正会員一覧 入会案内 会員限定ページ 日本国認定「学会名鑑」 学会提携医療機関 医療福祉情報実務能力協会
電通こころラボ
こころ検定(R)

メンタルケア学術学会の長年の構想である”こころの教育”の普及を目指します。こころの教育とは、大学で学ぶ専門分野である心理学を誰でも学ぶことができ、その心理学を学ぶことの大切さを伝え、日常生活で欠かせない知識として、学ぶ環境を整え、そして科学的にこころを理解し、相手のこころに向き合い、行動できる人間性を培う、つまり「自らの心への段階的な関りを心理学に基づいた体系的な知識・技能を有す」ことを目的としています。
文部科学省後援こころ検定
研究発表や事例発表を行う学術大会の開催

年間2回、会員のカウンセリング研究発表やカウンセリング実績、事例を発表し、相互の知識技術を研鑽しあう。 また、各領域専門家、臨床家との情報交流なども行います。


 学術学会
 演題・研究発表
 ポスター発表
 演題・研究投稿
メンタルケア心理士(R)からメンタルケア心理専門士(R)への 社会認知と資格向上活動

メンタルケア心理士の臨床心理・カウンセリングの基礎知識からメンタルケア心理専門士への臨床心理・カウンセリングの応用知識、さらには予防的見地の視点を持ち、治療だけでなく、未然に防ぐ衛生政策の考えを持つための研鑽を行い、専門知識を備えた資格保有者を輩出します。


 基礎講座
 応用講座
メンタルケア心理専門士(R)スキルアップ事業 

カウンセリング経験者、心理・臨床専門家からカウンセリングの更なる知識、技術向上のためのスキルアップや研究発表などを行います。また、メンタルケア心理士・メンタルケア心理専門士の資格取得者同士の交流を、大会を通じて行い、情報交流を行います。


 研究ガイダンス講座
 学会ポイント認可セミナー・シンポジウム

会員活動支援事業

メンタルケア心理士(R)、メンタルケア心理専門士(R)の資格登録会員へ、当学会ホームページでの活動紹介、提携企業でのホームページ制作などを行っています。また、会員には自らの活動発表を学会大会や、学会発行情報誌で発表ができる機会が準備されています。


 会員情報一覧
 メンタルケア心理士・メンタルケア心理専門士を探す
 学会情報誌

講師育成事業

メンタルケア関連資格取得者に対し、保有する正確な知識を人へ伝える能力を有し、今後メンタルケア心理士(R)、メンタルケア心理専門士(R)を目指す方への教授を行う講師の養成を行います。講師の養成に必要なカリキュラム、審査条件の合格により「メンタルケア心理士またはメンタルケア心理専門士学会認定講師」の名称が与えられます。


 学会認定資格付与制度

 

認定講師U種認定基本条件:下記の条件を満たし当学会の認定審査で承認された者
◇当学術学会正会員として2年以上継続して在籍している者
◇メンタルケア心理士・心理専門士最新出題範囲及びガイドラインの学習を修了した者
◇メンタルケア心理専門士(R)資格登録者
◇指導者研修修了者
◇カウンセリング演習Tまたはカウンセリング実技実践プログラム修了者

U種講師 試験項目
・1次試験
U種認定講師登録の目的(レポート1200文字以内)
認定講師活動の具体的方針(レポート1200文字以内)

・2次試験
書類審査
メンタルケア・メンタルヘルス研修・セミナーの企画
提出物:企画書、進行表
講義審査
企画書、進行表に基づいたメンタルケア・メンタルヘルス研修・セミナーの実施(30分)

<注意事項>
・指導者研修およびカウンセリング演習Tまたはカウンセリング実技実践プログラム修了をしていない場合は、本制度は利用はできません。
・本制度利用による指導者研修修了有効期限は修了認定より1年とします。有効期間内に本制度を利用しない場合、指導者研修を有効期限後に再受講し、修了する必要があります。

■メンタルケア学術学会(R)認定 U種講師・・・更新制(2年毎)

・U種講師とは・・・メンタルケア学術学会(R)認定講師U種(メンタルケア心理士(R)分野)を名乗ることができる。

認定講師T種認定基本条件:下記の条件を満たし当学会の認定審査で承認された者
・U種講師登録者
・U種講師登録後、研修・セミナー等または指導的立場での活動をおこなった実績を持ち証明ができる者

T種講師 試験項目
・1次試験
T種認定講師登録の目的(レポート1200文字以内)
研修・セミナー等または指導的立場での活動レポート(2000文字以内)
T種認定講師活動の具体的方針(レポート1200文字以内)

・2次試験
書類審査
メンタルケア・メンタルヘルス研修・セミナーの企画
提出物:企画書、進行表
講義審査
企画書、進行表に基づいたメンタルケア・メンタルヘルス研修・セミナーの実施(60分)

■メンタルケア学術学会(R)認定 T種講師・・・更新制(2年毎)

・T種講師とは・・・メンタルケア学術学会(R)認定講師T種(メンタルケア心理専門士(R)分野)を名乗ることができる。

■メンタルケア学術学会(R)認定 研究会員・・・規定年間取得単位 年間15単位(2年毎更新制)

・研究会員とは・・・メンタルケア学術学会(R)研究員会員を名乗ることができる。

<学会研究会員制度>
当学会では、資格認定を受けた後に継続した心理・メンタルケアにかかわる知識・技術の研鑽や、社会への情報発信、また学会活動への積極的な参加や学会理念・活動に共感を持つ方に対し認定する制度です。

【認定対象者】
以下の条件を持たす者とします。
1.当学術学会正会員として2年以上継続して在籍している者
2.ホームページ・ブログ・facebookでの情報配信をおこなっていること
3.学会活動、社会活動・ボランティア活動に積極的な行動意思があること。

【認定審査】
学会研究員制度登録申請書
研究員活動の具体的方針(レポート1200文字以内)
本制度登録に関する同意書

【認定更新】
初年度:申請後の審査合格をもって認定とします。
認定後は2年(年度)内に、活動実績及び活動報告レポートの提出で更新とします。

【更新料】
3,240円(※5年以上連続し会員の方は無料とします)

【学会からの協力依頼】
当学会では研究会員に学会事業ならびに活動の協力をお願いしてまいります。その一例として下記のような内容です。依頼は都度もしくは継続しご依頼することを検討しております。ぜひご興味のある方は研究会員を奮ってご参加ください。

・当学会における研修・各種講座の運営委託または補助の依頼
・地域学習コミュニティ(仮称)の運営および補助
・ボランティア活動
・学会運営意見交換会など

≪ご注意≫
1. T・U種認定は審議の結果によっては認定できかねる場合もございます。予めご了承ください。
2. 認定は年次更新となります。年次とは学会認定称号授与された月から、3月31日までを指します。

・年次の例

平成21年9月1日 メンタルケア学術学会(R)認定1種講師 称号授与
更新期限:平成23年3月31日

各種認定費用について
・U種講師認定・・・認定審査料10,800円 ※更新時は認定更新料3,500円
・T種講師認定・・・認定審査料21,600円 ※更新時は認定更新料3,500円


≪ご注意≫
・認定期限を満了しても更新資格を有していない場合は更新できません。
・認定の更新とは連続した更新を指します。認定期限を満了しても更新されない場合は認定取消しとなります。

メンタルケア学術学会(R)では、メンタルケア心理士(R)・メンタルケア心理専門士(R)学習修了・資格取得者を対象として臨床技術教育にも注目し、現場での技術向上のためのプログラムが用意されました。

●学会参加及び独立講師養成研修により、協会教育指定校認定講師に!
●”教育者”として、”経営者”として教室の開設も!
●カウンセラー技術向上プログラム
●独立相談室カウンセラー

・・・ 他、自己研鑽の場や、カウンセラー同士のコミュニケーションの場としても!

入会のご案内はコチラ

ALL RIGHTS RESERVED BY LCM メンタルケア学術学会